ホーム > 会社案内 > 社長の挨拶
会社概要事業コンセプト社長のあいさつ相談スタッフご紹介
ご挨拶
お金のことって、とても大切ですけれど、皆様はどなたか相談できる相手をお持ちでしょうか?
銀行、証券会社、生命保険会社など、個別の商品について相談を受ける窓口はたくさんあっても、ジャンルにこだわらないお金の相談、あるいはお金を切り口とした生活設計、さらには生活設計に基づいた資産運用など、総合的かつ中立の立場で相談を受ける窓口は今まで無かったのではないでしょうか?

この「総合的」「中立性」という言葉は、例えば、金融資産を皆様が購入する場合、とても重要なことですよね。にも関わらず、長い間ないがしろにされてきたのではないでしょうか(少なくとも私の記憶ではそのような銀行・生保・証券会社にめぐり合ったことはありません)。その結果、我々消費者は(私を含め)随分痛い思いをしてきました。
そうならないためにも、これからは、お金は皆様が皆様ご自身の責任においてマネージメントしてゆかなくてはなりません。

では、いったいどうやればお金を自分でマネージメントできるのでしょうか?
一見遠回りのようですが、まずは将来の御自分の生活設計について一度ゆっくりと考えてみてください。さらにそれを年表形式でお金の出入り、残高とともに書き出してみてはいかがでしょうか?(私どもではこれをキャッシュフロー表と呼んでおります)。
そうすれば、おのずと得なければならない収入、抑えなければならない支出、あるいは現在お手持ちの(あるいは将来得る)金融資産の必要な運用利回りなどが明らかになるはずです。

さらに申し上げれば、金融の世界は日進月歩、海外に目を向ければ株や債券など伝統的な金融商品とは異なった値動きを示す、『絶対リターン追求型のファンド』も多数ございます、また金・銀・プラチナなど貴金属、あるいは穀物インデックスに連動するタイプのETF銘柄も豊富にございます。このような最先端の金融商品を適度に皆様方のポートフォリオに組み入れて頂くことにより、皆様方の資産はより安定性を増すと同時に、より高いリターンの追及が可能になります。

弊社では、国内で購入できる金融資産のみにとどまらず、グローバルな視点に立った、皆様お一人お一人にとって最適なポートフォリオの構築をお手伝いさせていただくことができます。

一人でも多くの方に弊社のサービスをご利用いただき、お一人お一人のファイナンシャル・ゴールに到達していただくことをお祈り申し上げております。

●主な履歴
1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、1985年三洋電機(株)入社、本社財務部勤務を経て、1990年ソニー(株)入社。ソニーでは主にマーケティング畑を歩む。特に1999年からはプロダクトマネージャーとしてソニーのビデオ会議システムを国内メーカーシェアNo.1のポジションへ。2004年4月に同社退社後ソニー生命を経て独立。(株)銀座なみきFP事務所設立。

●主な資格
・プライマリー・プライベートバンカー(公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定)
・認定テクニカルアナリスト(日本テクニカルアナリスト協会所属)
・AFP(日本ファイナンシャルプランナーズ協会認定)

●登録業務
「金融商品取引業者登録」投資助言・代理業
関東財務局長(金商)第2063号

●会員登録
東京商工会議所 (会員番号:C2620650)




 
totop